2011年入社

インターンシップでホテルマンを経験させていただいたことが、私のホテルマンになりたいと思った第一歩でした。 元々接客業がいいなという思いもあり、様々な業種を候補にあげて考えてみたのですが自分が今できること、 憧れなどをもう一度冷静に考えてホテルの業界に飛び込みました。

今思うと入社2年目が一番大変だったように思いますね、まだまだ自分も仕事の内容や考え方がない状態でも、 新しく入ってきた後輩からは私はもちろん先輩にあたるので、いろんな質問をされるようになりますし、 指示をする立場にもなってきますので現場のことがしっかり分かっていないといけない。 でも先輩や上司からの指示にも応えなければいけないという板挟み状態で本当に大変でした。

しかし先輩もその状況って理解して下さっておられ、嫌な顔をせず後輩にはどう伝えればいいか、 今は何をすべき時かを1年目のとき以上にしっかりお伝えくださったように感じます。

あの時期があって今があるなとすごく思いますね。

私は先輩のようなホテルマンを目指しています。第一にお客様を思い、 常に気配り目配りをされている姿勢や私たち後輩の失敗について一緒に考え、謝罪が必要なときにはそばにいてくださる心遣い、 悩んでいる私たちに先に気づき悩みを聞いてくださる所など人として信頼できる人物はホテルマンとしても素晴らしい接客につながると考えています。

同じ目標を持ち前向きな方、メリハリのある方がこの仕事には向いているのかなと思います。




募集要項を見る



松本 悠太郎   2013年入社

仕事に慣れるまではまるで作業のように“こなす”感じだった1年を経過し、身についてきた事は間違ってはいけないという感覚から、 もっと喜んでいただくにはどうすればいいかと考えるようになってきました。

中土 弥寿紀   2011年入社

今思うと入社2年目が一番大変だったように思いますね。 まだまだ自分も仕事の内容や考え方がない状態でも、新しく入ってきた後輩からは私はもちろん先輩にあたるので、 いろんな質問をされるようになりますし、指示をする立場にもなってきますので現場のことがしっかり分かっていないといけない。

池田 星花   2015年入社

例えば雨の日にお客様に飲食店までの道のりを尋ねられた時にタクシーの手配をしておく。 といったようなちょっとした気遣いが私にはまだまだ足りないところなので、そういった部分も吸収できればいいなと思っています。